推しを集めるオタク女子が増えている!痛バッグとは?

アニメや漫画が好きな女の子のなかに、自分の好きなキャラクター、いわゆる「推し」のグッズをたくさん集めている人達がいます。

池袋や秋葉原、テレビの特集などで、キャラクターのグッズがたくさん鞄についた「痛バッグ」を見たことがあるひともいらっしゃるのではないでしょうか。

痛バッグの「痛い」は痛車でも使われているような、人から見ると「痛々しい」というような自虐的なニュアンスを持った意味で使われています。

痛車もアニメや漫画、ゲームなどのキャラクターで装飾された車のことを指しますが、それの鞄バージョンが痛バッグになります。

痛バッグに使われるグッズはどんなもの?

缶バッジ、ラバーストラップ(ラバスト)、ぬいぐるみ、キーホルダーやりぼんなどがあります。

特に痛バッグにおける使用頻度の高い缶バッジやラバーストラップは、主にランダム商品が主流であり、購入して開けてみるまでどのキャラクターが入っているかわからなくなっています。

そのため同じ商品を買った人たちの間で交換や譲渡が頻繁に行われています。

自分の推しを集めることに熱中している女の子が増えている背景には、SNSやフリマアプリの普及も一躍かっているといえそうです。

例えば、子どもの頃ならだれでも一度はまわしたことのあるガチャガチャの商品も、キャラクターグッズの一つとして大きな市場を担っていますが、その場にいた人と交換ができなかった場合Twitterなどで呼びかけて交換相手を探すという人もたくさんいます。

ランダム商品が人を惹きつけるのは、運試しのようなハラハラ感や、自分で引いて手に入れられたとき(自引き)の特別感を味わえるだけでなく、この交換行為そのものを楽しんでいる人もいるからでしょう。

また、グッズ収集を卒業する人が自分の持っていたグッズをまとめてフリマアプリなどに出品し、そこから手に入れる人もいます。

最近の痛バッグはおしゃれな傾向にある!?

テレビの特集やSNSなどで見た痛バッグは、とにかくたくさんぎゅうぎゅうにグッズがついているものが印象に残っているかもしれません。

しかし最近では、「ただじゃらじゃらさせるよりもさりげなくアピールしたい」「せっかく持ち歩くなら可愛いバッグがいい」というオタクの女の子も増えており、数で攻めたような痛すぎるものよりおしゃれ感を意識した痛バッグが流行っているようです。

WEGOから発売されているカラフルハートウインドウリュックやキャンバストートバッグは、透明なハート型のウィンドウの中にグッズをつけることができるので傷つきや紛失の心配がなく、色のバリエーションも豊富で値段も手頃なので人気があります。

推しのグッズを集めて痛バッグを作る女の子は自己アピールと推しキャラに対しての愛情表現をしているといいます。

グッズは持っているけど痛バッグは作ったことがないという人ももちろんいるかと思いますが、自分の好きなキャラクターでオリジナリティのあるバッグを作ってみるのもまた楽しいと思いますので、興味がわいた方はぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょう。